今が転職の時

11月 8th, 2013

最近、転職を考えています。
今勤めている会社はいわゆる大企業ではあるのですが、元々、社風や同僚のタイプが私にはあまり合わないというか、いろいろな面でストレスを感じることが多いんですね。
何よりも残業が多くて、定時に帰ることがまるでオカシイかのような雰囲気が流れているのが個人的には気になります。

というのは、私、昨年結婚して、ゆくゆくは子供も欲しいと考えているのですが、この会社では産休は歓迎されない空気なので、だったら、子供が出来たときに安心して産休が取れ、将来的には子育てしながら仕事も両立できる可能性が高そうな会社に転職したほうが得策だと考えています。

今なら年齢的にも、まだチャンスはありそうなので、動くなら今だと思っています。

私が利用したのは以下の比較サイトです。

今やネットさえ繋がれば転職情報の多くを得ることが出来ます。数多くの転職求人サイトから、自分の能力を活かせる求人が多く掲載されているサイトを選別し、その中から応募したい企業を見つけることができます。
正社員求人サイト比較ランキングより

女性の転職は、様々な理由から男性と比べて難しい部分があるのは事実。多くの方が悩みを抱えていることもあり、最近では女性の転職に役立つサイトが数多く存在しています。そこで、実は転職に興味があるけど、現実的なことを考えると不安、という女性のために、転職に役立つ情報をまとめてみました。みなさんが転職を自分ごととして考えるきっかけになればと思います。
女性転職エージェント人気ランキングより

最終的には総合的に判断してtypeに登録してみました。

転職活動はそうそう簡単には行かないかもしれませんが、地道に探せば絶対に自分に合う転職先が見つかると信じています。

平日は時間がないので、週末にネットで求人情報などを探しています。
そうそう簡単には行かないかもしれませんが、地道に探せば絶対に自分に合う転職先が見つかると信じています。

転職を決めた友人に勇気を貰いました

私の友人が最近、大学卒業以来ずっと勤めてきた会社を退社し、転職することを決めたそうです。
その決意の裏には、長年やりたかった薬剤師への夢があった様です。

転職にあたっては、勤めている会社に辞表を提出する前に、密かに職場探しを開始していたとの事ですが、
職業紹介所の方がとても親身になってくれたとのことでした。
薬剤師の仕事をする為には、当然、資格が必要となるわけですが、友人は学生時代に資格を取得していた為、
問題なく、幾つかの会社を紹介して貰えたと話していました。
会社の面接においては、これまでのボランティア活動などの話が効果的だった様で、
東日本大震災時に、薬の仕分けボランティアを行なっていた経験を話した様です。

めでたく転職を決めた友人に、心からお祝いの言葉をかけました。
世の中は不景気だと言われていますが、夢を諦めず、信念を持って転職を望めば、
道は開けるのだということを、友人から教えて貰いました。

Leave a Reply